究極のバランスとコスパ!吉祥寺のブルースカイコーヒーについてまとめてみた

ブルースカイコーヒー おすすめコーヒー専門店
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

今回は僕が2020年から購入を続けている吉祥寺のブルースカイコーヒーさんについて書いてみました。

この記事はこんな方におすすめ

  • 吉祥寺周辺でおいしいカフェを探している
  • カフェラテなどのカフェメニューが好き
  • ネットショップで気軽においしいコーヒーを買いたい
  • コスパのいいコーヒーを探している
  • 堀口珈琲のブレンドに代わるブレンドコーヒーを探している

シングルオリジンコーヒーをお探しの方にはこちらの記事もオススメ⇩

スポンサーリンク

アクセス

ブルースカイコーヒーは吉祥寺の井之頭公園内の一角にあります。

最寄り駅は井の頭公園駅で徒歩4分

吉祥寺駅からだと少し遠く徒歩9分となっています。

スポンサーリンク

店舗メニュー

店舗ではコーヒーはもちろんカフェラテやココアなど豊富なメニューがあるようです。

名物のねこドーナッツは優しい甘さに仕上がっているそう。

僕はまだ食べたことがないのでぜひとも味わってみたい…。

店舗には焙煎所が併設されており新鮮なコーヒーを購入することもできます。

撮影の際は注意事項を要確認

スポンサーリンク

ブルースカイコーヒーの吉祥寺のブレンドについて

吉祥寺コーヒー
ブルースカイコーヒーの吉祥寺のブレンド

ブルースカイコーヒーの吉祥寺のブレンドには

新鮮なスペシャルティコーヒーが使用されており、

シティロースト(中深煎り)でブレンドされています。

出典:

ブルースカイコーヒー / 吉祥寺のブレンド (blueskycoffee.jp)

このコーヒーを初めて飲んだ時のことはよく覚えていて、

それまでブレンドコーヒーは様々なものを飲んできましたが、

「今度からブレンドはここで買おう!」

という気持ちにさせられたことを覚えています。

また、僕は堀口珈琲のブレンドが好きで度々購入していたのですが、

1,404円(200g)から約1,800円代に一気に値上げされたため

手を出しづらくなってしまったことも起因しています。

ナッツやベリー系の香りが複雑に混ざり合った味わいで、

スッキリしていながらコクもしっかりあります。

絶妙なバランスのブレンドです。

シティロースト(中深煎り)のブレンドが好きな方にはこちらもおすすめ

豆香洞コーヒーの豆香洞ブレンド

パッケージについて

吉祥寺コーヒー
吉祥寺のブレンドのパッケージ裏面

パッケージの裏面には「淹れ方の目安」と「保存方法」、

「ロースト日」が記載されているため初心者も安心。

プレス式はフレンチプレスと呼ばれる器具を使用する

抽出方法で浸漬式ともいいます。

ドリップ式と違って、コーヒーをお湯に浸して成分を抽出する淹れ方です。

吉祥寺のブレンドの価格(ネットショップ)

吉祥寺のブレンドは200gから購入可能で、その他に500gと3kgも選べます。

価格はそれぞれ

200g ¥990

500g¥1,980

3kg : ¥11,500

※各種税込みの価格です

ブルースカイコーヒー / TOPページ (blueskycoffee.jp)

また、送料は無料です!

以前僕が紹介したNif Coffeeと比べても遜色ありません。

コスパ

コスト

「吉祥寺のブレンド」のコスパ面はどうなのか?計算してみます。

僕もよく購入する500gの場合はこんな感じです。

※コーヒー1杯(約180㏄)につき10g使用すると仮定

1,980円/500g

396円/100g

→つまり、1杯あたり約39.6円

※以前にもコスパについて書いたことがありますが、

これは決して安いコーヒーだから勧めているというわけではありません。

あくまで僕はおいしさを重視しています。

補足情報

ブルースカイコーヒーでは主にTwitterで販売するコーヒーの焙煎日や営業の情報などを発信

しているため、フォローしておくのがおすすめです。

また、メニューに関する情報も得られます。

普段200g単位でコーヒーを購入する方への情報として、

少し前にネットでの200gの販売が一時的にストップしていた時期がありました。

そうなると500gで購入することになりますが、

僕自身は毎回500gで購入することがほとんどです。

理由としては、

  • 毎日飲むコーヒーなので大容量の方がコスパがいい
  • 焙煎直後のコーヒーのため香味の変化が長く楽しめる
  • もはや生活に欠かせないコーヒーの1つになっている

などが挙げられます。

参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました